ウィザーズ 八村らがコロナ感染防止規定の対象に 14日ジャズ戦は延期

[ 2021年1月13日 10:03 ]

ウィザーズの今季ホーム初勝利に貢献した八村(左)
Photo By AP

 NBAウィザーズは12日、八村塁(22)を含む選手2人がリーグの定める新型コロナウイルス感染防止規定の対象になったと発表した。チーム内での濃厚接触者の調査が続き、試合開催に必要な8人が揃わないため、13日(日本時間14日)に本拠地で開催予定だったジャズ戦の延期も決まった。今季のNBAでは新型コロナの検査で陽性反応を示した場合、最低でも12日間の離脱が定められており、八村は濃厚接触者に認定されたとみられる。

 ウィザーズではエースのビールが9日の試合開始直前に濃厚接触者とされ欠場し、11日に復帰した例がある。オンラインで取材対応したブルックス監督は「選手、選手の家族、スタッフの安全が第一。状況が悪化する前に細心の注意を払うことが大事だ。今季は常にこのようなことが起きると分かっていた」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2021年1月13日のニュース