坂本花織、SPは難度アップの新構成 NHK杯27日開幕

[ 2020年11月26日 14:48 ]

坂本花織
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、女子の坂本花織(20=シスメックス)がオンラインで取材に応じた。

 「久しぶりにお客さんが入るので楽しみ」と意気込む今大会を前に、大きな決断を下した。SPのジャンプ構成はこれまでダブルアクセル、フリップ―トーループの連続3回転、演技後半に3回転ループだったが、NHK杯ではループの代わりにルッツとして演技前半に跳び、連続3回転は演技後半に組み込んだ。「ループで加点を取って点数を稼ぐやり方だったけど、そろそろ限界を感じてきたので」と意図を説明した。

 新構成での練習では苦しんだ時期もあったが、今は「だいぶ跳び方も元に戻ってきた」と手応え十分。「ワクワクしている。めっちゃ楽しみ」と笑う20歳が、難度アップのSPで好スタートを切る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月26日のニュース