渋野日向子 単独首位で折り返し 9番でイーグル

[ 2020年11月26日 11:05 ]

<リコーカップ第1日>9番、イーグルパットを決め笑顔を見せる渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフ今年最終戦となるメジャーのツアー選手権リコー杯は26日、宮崎県の宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕した。

 前週の大王製紙エリエール・レディースで今季最高の5位に入った渋野日向子(22=サントリー)は前半9ホールを1イーグル、1バーディー、ボギーなしの33で回り、この時点で3アンダーの単独首位で折り返した。4番でバーディーを先行させると、パー5の9番ではピン奥約7メートルに2オン成功。下りのスライスラインを沈め、イーグルを奪った。

 開幕前日の練習日には体調について「絶好調です!」と笑顔で宣言。今季は開幕から日米10戦で最高成績は23位で予選落ち4度。不振が続いていたが、11戦目となった前週の好成績が何よりの「良薬」となった。昨年、賞金女王争いを繰り広げていた中で2位に入った大会。「あの締め方はもうできん」と苦笑いしながらも、「今の自分ができる全てを出したい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月26日のニュース