レスリング全日本選手権 東京五輪代表の文田がエントリー

[ 2020年11月26日 16:02 ]

男子GR60キロ級の文田健一郎
Photo By スポニチ

 日本レスリング協会は26日、12月17~20日に開催する全日本選手権(駒沢体育館)のエントリー選手を発表し、東京五輪代表ではグレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)が名を連ねた。

 女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(山梨学院大)ら他の階級の五輪代表7選手は出場を回避。来年3月の五輪アジア予選(中国)フリースタイル86キロ級代表の高谷惣亮(ALSOK)は92キロ級にエントリーした。男子フリースタイル57キロ級同代表の樋口黎(日体大助手)らも出場する見込み。

 今大会は感染症対策として無観客で開催し、出場選手も男女各階級8人に制限。出場選手は試合前日に検査を受け、通常は各階級2日間で行う試合を1日で実施する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月26日のニュース