羽生結弦 全日本選手権エントリー 出場なら今季初戦

[ 2020年11月26日 05:30 ]

全日本選手権にエントリーした羽生(撮影・小海 途良幹)
Photo By スポニチ

 日本スケート連盟は25日、12月25日から始まるフィギュアスケート全日本選手権(長野・ビッグハット)のエントリーリストを発表し、男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)も名を連ねた。今季は一度も試合に出場しておらず、来年3月の世界選手権(ストックホルム)の選考会を兼ねる全日本が22年北京五輪プレシーズン初戦になる見通しとなった。

 ぜんそくの持病を抱える羽生は、今季のグランプリシリーズ欠場を決断。新型コロナウイルスによる感染、重症化リスクなどを考慮して「可能な限り慎重に行動したい」とコメントしていた。新型コロナの感染は再拡大しており、全日本の出場についても引き続き慎重に判断していく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月26日のニュース