貴景勝Vの11月場所千秋楽、20・5%の高視聴率

[ 2020年11月24日 11:00 ]

優勝決定戦で照ノ富士を下し優勝を決めた貴景勝(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 大関・貴景勝が優勝を飾った22日のNHK総合「大相撲11月場所 千秋楽」(後5・00)の平均世帯視聴率(関東地区 ビデオリサーチ調べ)が20・5%の高視聴率だったことが24日、分かった。 個人視聴率は11・4%だった。

 貴景勝は単独トップの1敗で千秋楽を迎え、2敗の小結・照ノ富士と結びの一番で直接対決。本割で敗れて優勝決定戦へもつれ込んだが、優勝決定戦を制して2年ぶり2度目の優勝を果たした。

 貴景勝の優勝は18年九州場所以来2度目。大関の制覇は17年初場所の稀勢の里以来となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月24日のニュース