貴景勝 2度目の優勝は結婚パワーだった!会見で明かす「場所前に入籍しまして」

[ 2020年11月24日 05:30 ]

11月場所の優勝から一夜明け、オンライン会見で心境を語る貴景勝(日本相撲協会提供)
Photo By 提供写真

 11月場所で2度目の優勝を果たした大関・貴景勝(24=千賀ノ浦部屋)が23日、8月30日に婚約発表した元大関・北天佑の次女の千葉有希奈さん(28)と場所前に結婚したと明かした。

 リモートでの一夜明け会見に臨み、「私事ですが11月場所の場所前に入籍しまして、頑張っていきたいなと思っていたところで(優勝できて)良かったと思います」と報告。この時期になった理由について「純粋に一緒に頑張っていきたいと思ったから」とした。プロポーズの言葉に関しての質問には「力士だし土俵でやれればいい」と若武者らしく応じなかった。

 大関としては17年初場所の稀勢の里以来となる優勝。来年初場所(1月10日初日、両国国技館)は自身初の綱獲りに挑む。得意の突き押しでは難しいという声もあるが、「目指す価値は凄くある。無理と言われているのをやりとげた時の充実感は代えられないものがある。押し相撲の魅力も伝えたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月24日のニュース