NFLレイブンズで主力RB2人が新型コロナに感染 今月に入って計4選手が陽性反応

[ 2020年11月24日 09:39 ]

新型コロナウイルスへの感染が判明したレイブンズのRBドビンス(AP)
Photo By AP

 メリーランド州ボルティモアに本拠を置いているNFLレイブンズ(6勝4敗)のマーク・イングラム(30)と、ドラフト2巡目(全体55番目)に指名されたJ・K・ドビンズ(21)の主力RB2人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、リーグ規定に従って10日間の自主検疫に入った。

 この結果、両選手は26日の感謝祭に行われるスティーラーズ(10戦全勝)に出場できないことになり、チームに残ったRBは“3番手扱い”のガス・エドワーズ(25)とラン・オフェンスではほとんど起用されていないジャスティス・ヒル(23)の2人だけになった。またディフェン・タックルのブランドン・ウィリアムス(31)はイングラム、ドビンスとの濃厚接触者として感染者リストに登録され、5日間の自主検疫が義務付けられた。

 レイブンズの「リーディング・ラッシャー」はQBのラマー・ジャクソン(23)だが、RBが不足したためにチーム側は練習用チームにいた新人のタイソン・ウィリアムス(24)をスティーラーズ戦で53人枠に入れる予定。同チームでは今月に入ってマーロン・ハンフリー(24)とイマン・マーシャル(23)の両コーナーバックの感染が判明し、3番手のQBとなっているトレース・マクソーリー(25)も前週に濃厚接触者として感染者リストに登録されていた。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月24日のニュース