桐生祥秀 来月6日の競技会は欠場、連戦で疲労「日本選手権でいい走りを」

[ 2020年8月31日 18:52 ]

桐生祥秀
Photo By スポニチ

 陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(24=日本生命)が30日、自身のツイッターを更新。来月6日に行われる富士北麓ワールドトライアル(山梨・富士北麓陸上競技場)を欠場することを明かした。桐生は「連戦での疲労もあり、棄権することにしました。次の日本選手権でいい走りを見せられるように頑張ります」とコメントした。

 桐生は今月1日に今季初戦として同会場で行われた北麓スプリントに出場し、10秒04(追い風1・4メートル)をマーク。同29日のナイトゲームズ・イン福井では10秒06(追い風1・0メートル)を記録した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月31日のニュース