松山 通算2アンダーで3位 3年ぶり6勝目ならずも ツアー選手権進出決めた

[ 2020年8月31日 08:10 ]

ショットを放つ松山(AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、BMW選手権は30日、イリノイ州のオリンピアフィールズCC(7366ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、1位タイから出た松山英樹(28=LEXUS)は3バーディー、2ボギーの69で回り、通算2アンダーで3位に終わった。3年ぶりのツアー6勝目はならなかったが、年間上位30人によって争われる最終戦のツアー選手権(9月4日開幕、ジョージア州)への進出は決めた。松山は7年連続の出場。

 この日、6位から出てボギーなしの6バーディー、64をマークした世界ランク2位のジョン・ラーム(25=スペイン)と松山と並んで首位から出て67で回った世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(36=米国)が通算4アンダーで並びプレーオフに入った。

 タイガー・ウッズ(44=米国)は72とスコアを伸ばせず、苦通算11オーバーの51位に終わり、フェデックス杯ポイントランクは63位。ポイントランク上位30人が出場するプレーオフシリーズ最終戦、ツアー選手権(9月4~7日)には進めなかった。

 <フェデックス杯ランキング>(1)ダスティン・ジョンソン(2)ジョン・ラーム(3)ジャスティン・トーマス(4)ウェブ・シンプソン(5)コリン・モリカワ(10)松山英樹

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月31日のニュース