十両・木崎海が引退 首の故障で現役続行困難と判断

[ 2020年8月28日 05:30 ]

十両・木崎海
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は27日、十両・木崎海(25=木瀬部屋)の引退届を受理したと発表した。

 師匠の木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)によると、首の故障で現役続行が困難と判断したという。同親方は「しびれもあり、むち打ちのような状態」と説明した。沖縄県出身の木崎海は日大から18年春場所、三段目100枚目格付け出しで初土俵。昨年名古屋場所で新十両昇進を果たし最高位は十両3枚目だった。兄の十両・美ノ海(27=同)とともに関取として活躍した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月28日のニュース