大坂なおみ 約半年ぶり実戦で白星 世界26位ムチョバに逆転勝ち

[ 2020年8月25日 07:50 ]

テニス ウェスタン・アンド・サザン・オープン第3日 ( 2020年8月25日    米ニューヨーク )

<ウェスタン・アンド・サザン・オープン第3日>カロリーナ・ムチョバに逆転勝ちした大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス2回戦で、世界ランキング10位の第4シード大坂なおみ(22=日清食品)は世界26位のカロリーナ・ムチョバ(24=チェコ)に6―7、6―4、6―2で逆転勝ちし、初戦を突破した。2月7日の女子国別対抗戦フェド杯スペイン戦で世界78位の格下に敗れて以来、約半年ぶりの公式戦。1月22日の全豪オープン2回戦で鄭賽賽(テイサイサイ、26=中国)戦以来の白星を挙げた。

 両者は今回が初対戦。ムチョバは1回戦で、予選勝者の世界133位アン・リー(アメリカ)をストレートで破って勝ち上がってきた。昨年9月の韓国オープンでツアー初優勝を飾った侮れない相手。大坂は第1セットの第1ゲームを、いきなりラブゲームでブレークされた。直後にブレークバックに成功したが、タイブレークの末に第1セットを落とした。第2セットは第1ゲームでブレークに成功し、6―4で奪取。最終第3セットは第1、3ゲームをブレークして圧倒し、2時間30分を超える激戦を制した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月25日のニュース