東京五輪の聖火、9・1から一般展示 観覧は事前予約制に

[ 2020年8月25日 05:30 ]

 東京五輪・パラリンピック組織委員会と日本オリンピック委員会(JOC)は24日、来夏に延期された東京五輪の聖火を、メインスタジアムとなる国立競技場近くの五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」(東京都新宿区)で9月1日から11月1日まで一般展示すると発表した。聖火はランタンにともった状態で展示される。

 五輪博物館は新型コロナ感染拡大防止のため入館人数の制限をしており、観覧は事前予約制。料金は一般500円、高校生以下は無料。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月25日のニュース