奈紗、納得の4バーディーで通算1アンダー「楽しくできた」

[ 2020年8月16日 05:30 ]

米、欧州女子ゴルフツアー共催スコットランド・オープン   第3日 ( 2020年8月14日    英ノースバーウィック ルネサンス・クラブ=6453ヤード、パー71 )

第3ラウンド、4番でティーショットを放つ畑岡奈紗(共同)
Photo By 共同

 15日に13位から第3ラウンド(R)をスタートした畑岡は1アンダー70で回り、通算1アンダーに伸ばしてホールアウト。いずれもパー4の2番で5メートル、15番では2メートルにつけてバーディーを奪い、「地面が硬い中での攻め方がつかめてきて楽しくプレーできた」と納得の表情だった。

 初日がサスペンデッドとなり、計24ホールをプレーした2日目にきっかけをつかんだ。第1Rと第2Rの間の練習で、硬い地面を意識してグリップの力が強くなっていたことに気づき修正。「距離感が安定してきた」。最終日に向けては「まだ詰められない差ではない」と米通算4勝目を狙い、上位勢を追う。している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月16日のニュース