渋野「今の技量やスイングではかなわない」 全英に向けて「直せるのはグリーン周りかな…」

[ 2020年8月16日 05:30 ]

米、欧州女子ゴルフツアー共催スコットランド・オープン   第2日 ( 2020年8月14日    英ノースバーウィック ルネサンス・クラブ=6453ヤード、パー71 )

渋野日向子(AP)
Photo By AP

 【渋野に聞く】

 ――16番で初のバーディー。
 「凄い気持ちを込めて(パット)打ちました。やっとバーディーが来て、もう笑いが出ちゃいました」

 ――この2日間はキャディーを務める青木翔コーチ(37)とはどんな話を?
 「私の今の技量だったりスイングではかなわないよねって話はしました。その中でも、英国での試合のために練習していたアプローチがちょっとはできて収穫もあるねと」

 ――左手首にテーピングがあるが影響は?
 「それはないです。お守り程度に巻いてるだけ。1カ月前くらいからですけど、昨日(第1日)はし忘れて。忘れるくらい気にしない程度」

 ――無観客開催だが、改めて観客のパワーを感じる?
 「凄い大叩きして、みんなどう思ってるのかなって。SNSを見るとそれでも応援してくれる。ありがたいと思いながら回ったんですけど…。(結果が)情けなくて申し訳ないです」

 ――全英に向けての課題は。
 「私が直せるのはグリーン周りかなと思う。そこでボギーをどれだけ減らせるか」

 ――週末の予定は?
 「練習したいです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月16日のニュース