池江璃花子 「ありのままの自分」公開への反響に感謝「今、私はまた少し前進」

[ 2020年6月24日 15:46 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子(19=ルネサンス)が24日、自身のSNSを更新、ウイッグを外した短髪姿とともに直筆メッセージを公開した。

 先月18日にスキンケアブランド「SK-II」とパートナーシップを結んだことを公表し、ウイッグを外した短髪姿を初公開し、大きな反響を呼んだ池江。この日、「いつも応援してくれた、 @skii と共にありのままの私を公開する勇気と強さを与えてくれた皆さんに手紙を書きました。ありがとうございました」と直筆のメッセージを寄せた。

 直筆メッセージで、池江は寄せられた反響に感謝しつつ、「あの日、『決心はついたものの『シェア』のボタンを押すまで緊張していました」と公開時の心境も吐露。撮影時のオフショットも公開し、「大変なことが多い中で少しでも私のストーリーが皆さんの力になったら嬉しいです」とつづった。

 「今、私はまた少し前進して学校やトレーニングを少しずつ再開し始めています」と近況も記しつつ「ありのままの自分でいること、一歩前に進むための力を与えてくれてありがとうございます」とメッセージを感謝で締めくくった。

 池江が公開した直筆の手紙は以下の通り。

 みなさんへ

 先日公開した手紙に、想像をはるかに超える反響をいただき、みなさんにどうしたら感謝の気持ちを伝えるかずっと考えていました。入院していた時も今も、皆さんが応援してくれて、温かい言葉をかけてくださり、信じられないほど励まされているなと感じています。

 あの日、決心はついたものの「シェア」のボタンを押すまで緊張していました。ですが、次々と届く皆さんからのメッセージを見ると、ポジティブに受け取ってくださっていることが分かり とても嬉しかったです。新しい一面を公開し、ありのままの自分を表現する力を与えてくれたのは他の誰でもないみなさんです。

 SK-IIとの撮影はどんな感じだったのですか、という質問をいただきましたが 撮影時の写真がこれです。今までこんな風にカメラの前に立ったことはなかったのですが、SK-IIと一緒だったからこそ、ありのままの自分、本当の自分を見せることができました。

 大変なことが多い中で少しでも私のストーリーが皆さんの力になったら嬉しいです。この第一歩を踏み出すことができたのは、みなさんのおかげです。たくさんの方がご自身のストーリーや経験を投稿してくれて私も心が動かされました。

 今、私はまた少し前進して学校やトレーニングを少しずつ再開し始めています。ありのままの自分でいること、一歩前に進むための力を与えてくれてありがとうございます。

 池江璃花子

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月24日のニュース