リプニツカヤさん妊娠 露メディアが報道 キャンドルスピンで人気も19歳で引退

[ 2020年6月17日 05:12 ]

14年ソチ五輪で演技するリプニツカヤさん
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で2014年ソチ冬季五輪団体金メダリストのユリア・リプニツカヤさん(22)が妊娠し、まもなく出産を迎えるとロシアの現地メディアが報じた。

 ロシアのスポーツ紙「スポルト・エクスプレス」は16日、リプニツカヤさんの妊娠を報じ、お相手は元スケーターのウラジスラフ・タラセンコ氏(23)としている。

 また、ロシアのスポーツメディア「Match TV」では、リプニツカヤさんの「妊娠したことは、時期を考えてお知らせしたかったのですが、うまくいかなくて残念です、しかし祝福には感謝しています」とのコメントを報じている。

 リプニツカヤさんは高く上げた脚を体に密着させる「キャンドル・スピン」が代名詞で、13年のグランプリファイナル2位、14年の欧州選手権で優勝。14年ソチ五輪では個人5位だったが、団体戦で金メダル獲得に貢献した。しかしその後は拒食症になるなど苦しみ、17年に19歳で現役を引退。その後はアイスショーに出演したり、世界中で子どもへの指導を行ってきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月17日のニュース