確実にグリーンを狙える”男前”なハイブリッドヘッドが新登場

[ 2020年6月5日 05:30 ]

直進性能が向上した「THE-G HYBRID BLACKS」
Photo By 提供写真

 ピンまで残り200ヤードで、クラブ選択に悩む人も多いはず。そこへ、しっかりボールを上げてピンデッドを狙いたいゴルファーに救世主が登場。確実にグリーンを狙っていけるハイブリッドヘッドをピックアップ。

 正統派でありながら、最先端の技術と独自の重心設計哲学を取り入れてつくられたのがフライハイトの新作ハイブリッドヘッド「THE―G HYBRID BLACKS」だ。

 持ち前の飛距離性能やボールの上がりやすさに加え、ソール部分の2カ所に重量可変式のウエイトビスを配置したことでヘッドの慣性モーメントがアップし、直進性能が向上。営業担当の釜野井勝氏は「ヘッドバランスの調整幅が広くなったため、老若男女問わず使うことができます。セミディープな形状は力強さを感じるゲンコツヘッドですが、ボールの上がりやすさや直進性は見た目以上にやさしさを感じられます」と太鼓判を押した。

 ラインアップは2番から新たに加わった6番まで。2~4番はチタン素材のフェースとボディ、ステンレス製ソールの複合構造で低重心化を実現。インパクト時のエネルギーを効率よくボールに伝達することができ、高弾道で伸びのある球筋を生み出す。

 一方で5~6番は極端な低重心設計ではなく、マレージングカップフェースとステンレスボディで最適な打ち出し角やスピン量を実現。アイアンに変わって確実にグリーンを狙える一本になっている。

 そして同社のこだわりである“顔”はヘッド全体をブラックにカラーリング。スコアライン最下段に白を入れることで目標に対して構えやすくしており、「構えた時にナイスショットをイメージさせてくれます」とその効果を語った。

 ヘッドパーツ単体の発売で、価格は2~4番が4万3000円、5~6番は3万3000円(どちらも税別)。オリジナルヘッドカバー付き。

 細部までこだわり抜かれた“男前ヘッド”で極上の弾き感と軟らかな打球感を体験しよう。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年6月5日のニュース