畑岡奈紗 5カ月ぶり実戦で渋野、鈴木愛と激突! 米ツアー再開前に貴重な一戦

[ 2020年6月4日 19:30 ]

畑岡奈紗
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの世界ランク4位・畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)が4日、日本ツアーの今季開幕戦、アース・モンダミンカップ(25~28日、千葉・カメリアヒルズCC、優勝賞金4320万円)へのエントリーを終えた。世界ランク12位・渋野日向子(21=サントリー)、世界ランク14位・鈴木愛(26=セールスフォース)もこの日までにエントリーを済ませている。

 
 畑岡が主戦場とする米ツアーは新型コロナウイルス感染拡大のため2月のISPSハンダ女子オーストラリア・オープンを最後に活動を休止。7月23日開幕のマラソン・クラシック(米オハイオ州)での再開を目指している。畑岡は1月に米ツアーのダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズ、ゲインブリッジLPGAで2週連続2位に食い込むなど、同ツアー通算4勝目へ好調なゴルフを続けていた。アース・モンダミンカップはそれ以来、5カ月ぶりの実戦。現在、日本で調整を続ける畑岡には再渡米前の貴重な一戦となる。

 エントリーはきょう5日午後5時に締め切られる。出場資格を持っている選手で4日までに手続きを終えていないのはアン・ソンジュ(32=韓国)ただ一人。申ジエ(32=韓国)、イ・ボミ(31=韓国)ら国外にいる選手も日本政府の早期の入国制限解除にいちるの望みを託してエントリーを済ませている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月4日のニュース