白鵬、34歳“ラスト”の白星に上機嫌「最後に勝てて良かった」

[ 2020年3月11日 05:30 ]

大相撲春場所3日目 ( 2020年3月10日    エディオンアリーナ大阪 )

高安(右)を寄り切りで下す白鵬(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 白鵬が34歳最後の日を白星で飾った。立ち合いで右から張って自分のペースに持ち込み、粘る高安に最後まで隙を与えず料理。3連勝とした第一人者は、16秒9での決着に「相撲を取ったという感じ。日に日に(良くなっている感じ)でもありますけど、3日目が終わっただけ」と息をついた。

 11日は35度目の誕生日だ。「(34歳最後に)勝てて良かった。次のコメントは明日にしておこうかな」と上機嫌だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月11日のニュース