レイカーズがネッツに敗れる セルティクスは6季連続でプレーオフ進出確定

[ 2020年3月11日 15:21 ]

土壇場で決勝シュートを沈めたネッツのディンウィディー(AP)
Photo By AP

 NBAは10日に各地で9試合を行い、西地区全体首位のレイカーズは地元ロサンゼルスで東地区全体7位のネッツに102―104(前半61―56)で競り負けて49勝14敗。レブロン・ジェームズ(35)が29得点、12リバウンド、9アシスト、アンソニー・デービス(26)は26得点を稼いだものの、チームの連勝は4で止まった。

 ジェームズは残り9・1秒、決めれば同点だった左手のレイアップをミス。このあとデービスは左サイドからノーマークで3点シュートによる“逆転サヨナラ”のブザービーターを狙ったが、これもリングに嫌われた。

 ネッツは3連勝で30勝34敗。ロサンゼルス出身のガード、スペンサー・ディンウィディー(26)が23得点をマークし、同点で迎えた第4Qの残り28・3秒にジャンプシュートを成功させ、これが決勝点となった。

 東地区全体3位のセルティクスは敵地インディアナポリスで同5位ペイサーズを114―111(前半59―50)で退けて43勝21敗。ジェイソン・テータム(22)が30得点、ゴードン・ヘイワード(29)が27得点と10リバウンドを記録し、18試合を残して6季連続のプレーオフ進出が決まった。

 西地区全体2位のクリッパーズはウォリアーズに勝ってここ8戦で7勝目。ティンバーウルブスを下した同6位のロケッツは連敗を4で阻止した。

 <10日の結果>

*ウィザーズ(24勝40敗)122―115ニックス(20勝42敗)
*セルティクス(43勝21敗)114―111*ペイサーズ(20勝45敗)
*ブルズ(22勝43敗)108―103キャバリアーズ(19勝46敗)
*ロケッツ(40勝24敗)117―111ティンバーウルブス(19勝45敗)
マジック(30勝35敗)120―115*グリズリーズ(32勝33敗)
*スパーズ(27勝36敗)119―109マーベリクス(39勝7敗)
*トレイルブレイザーズ(29勝37敗)121―105サンズ(26勝39敗)
クリッパーズ(44勝20敗)131―107*ウォリアーズ(15勝50敗)
ネッツ(30勝34敗)104―102*レイカーズ(49勝14敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月11日のニュース