「五輪開催国枠」使用階級 28日までに決定 日本ボクシング連盟

[ 2020年3月6日 05:30 ]

 日本ボクシング連盟は、東京五輪の運営を担当する国際オリンピック委員会(IOC)の特別作業部会から、開催国枠を使用する階級を28日までに決定するよう通知されたと発表した。

 開催国枠は男子4、女子2階級で、ヨルダンで開催中のアジア・オセアニア予選で開催国枠を満たす五輪出場枠を獲得できない場合、世界最終予選(5月、パリ)を待たずに適用階級を決める必要がある。

 日本連盟はアジア・オセアニア予選で出場枠を獲得した選手を五輪代表に内定し、開催国枠での出場選手は同予選と世界選手権など国際大会の実績を基に選ぶとの規定も発表した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月6日のニュース