新入幕の若隆景が休場へ 4連勝も右足首負傷

[ 2019年11月13日 21:30 ]

<大相撲九州場所>照強を寄り切りで破った若隆景は足を痛める(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 新入幕の若隆景(荒汐部屋)が九州場所4日目(13日)の照強戦に寄り切りで勝ち4連勝とした際に右足首を痛めたため、5日目(14日)から休場することが分かった。師匠の荒汐親方(元小結大豊)が明らかにした。

 荒汐親方によると、若隆景は取組後に福岡市内の病院で全治1カ月程度の負傷と診断されたという。再出場はせず、来場所は十両に転落する。

 若隆景は勝負を決めた後、土俵下に落ちて右足を着いた際に負傷。引き揚げる花道や場所を離れる時も車いすで運ばれた。初日から正攻法の鋭い内容で勝ちっ放しと好調だっただけに、荒汐親方は「元気な相撲を取っていたから、本当に残念でならない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月13日のニュース