中島イシレリ 松ちゃんとの共演心待ち「一緒に“イヤボイ!”って言いたい」

[ 2019年11月13日 05:30 ]

母校の流通経大を訪れ、記念撮影する日本代表プロップの中島(下段中央)
Photo By スポニチ

 2日に閉幕したラグビーW杯で8強入りした日本代表のプロップ中島イシレリ(30=神戸製鋼)が12日、茨城県龍ケ崎市役所と同市内にある母校・流通経大を訪問した。金髪の丸刈り頭がダウンタウン松本人志似と話題になったことが縁でテレビ番組の共演が決定。来月26日に収録で初対面するようで「一緒に“イヤボイ!”って言いたい」と笑った。「イヤボイ」は、中島が母国のトンガ語と英語を勝手に合体させた造語。主に気合を入れる際に叫ぶ、代表の合言葉となっている。

 この日、大学4年間を過ごした同市の特別功労賞を受賞。「イヤボイ!」と歓喜の雄叫びを連発したが、23年W杯フランス大会については「弱いところを強くして、出られるように頑張る」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月13日のニュース