御嶽海、まぶた切れても集中力切らさず連敗回避「悪くない」

[ 2019年11月13日 05:30 ]

大相撲九州場所3日目 ( 2019年11月12日    福岡国際センター )

御嶽海(左)は、寄り切りで明生を破る(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 まぶたを切っても大関獲りの可能性は切らなかった。御嶽海は明生の頭が右まぶたに当たって流血したが、浅いもろ差しから相手の投げに乗じて出て寄り切った。平成以降に大関となった力士で、昇進を決めた場所で3日目までに2敗した力士はいない。

 連敗を回避し年間最多勝争いでも単独トップの47勝となり「悪くないと思う」とうなずいた。右まぶたは深く、大きく割れたが「縫うと痛いから」と縫合を回避する可能性も口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月13日のニュース