PO制した高橋、接戦制した内田 男女とともに連覇

[ 2019年10月10日 05:30 ]

スポニチ主催令和元年度北海道高校ゴルフ新人大会   最終日 ( 2019年10月9日    北海道勇払郡安平町 セベズヒルGC=高校男子6958ヤード、女子6459ヤード、いずれもパー72) )

優勝し2連覇した女性・内田と男性・高橋(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 男子は初日3位の高橋遼羽(札幌光星2年)が2バーディー、3ボギー、1トリプルボギーの76で回り、通算154で小村隼士(札幌光星1年)と並んだが、プレーオフを4ホール目で制した。

 女子は2位から出た内田琴子(北海学園札幌2年)が3バーディー、6ボギーの75で回り、通算148で優勝。男女ともに連覇を達成し、全国大会(来年3月25~27日、滋賀・富士スタジアムGC)の出場権を獲得した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月10日のニュース