貴ノ富士から暴力 被害力士、6日にも部屋復帰 双子の弟・貴源治「ゼロから矯正して」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

貴ノ富士の双子の弟である貴源治は朝稽古で他の力士の動きを見つめる
Photo By 共同

 大相撲の十両・貴ノ富士(22=千賀ノ浦部屋)が先月31日に付け人の序二段力士に暴力を振るった問題で、被害者の力士が6日にも東京都台東区の同部屋に戻ることが4日、分かった。この問題に関連して2日早朝までに被害者を含む同部屋の若い衆3人が失踪しており、うち2人は近日中に戻ってくる予定。だが、もう1人の序二段力士はこのまま引退する可能性が高いという。

 今後は日本相撲協会のコンプライアンス委員会の調査後に貴ノ富士の処分が決まる見通し。謹慎中の貴ノ富士に代わり、双子の弟の幕内・貴源治は「(角界に)残れるなら次はないと思い、ゼロから矯正してほしい」と口にした。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月5日のニュース