ラグビーの世界ランキング ウェールズが初の世界1位、日本は9位で変わらず

[ 2019年8月19日 21:29 ]

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)は19日付の世界ランキングを発表し、2位だったウェールズが一つ順位を上げ、2003年に導入された世界ランキング制度で初めて1位を獲得した。1位だったニュージーランドは2位に後退し、09年11月から保ってきたトップの座から陥落した。

 ウェールズは17日のテストマッチでイングランドに勝ち、1位浮上を確実にしていた。ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグA組で日本と対戦するアイルランドは3位で変わらず、フランスに敗れたスコットランドは順位を一つ下げて8位となった。日本は9位で変わらなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月19日のニュース