トルコがイタリアに逆転勝ち チェコは快勝 W杯で日本と対戦する2チームが勝利

[ 2019年8月19日 14:07 ]

トルコ代表をけん引するキャバリアーズのオズマン(AP)
Photo By スポニチ

 男子バスケットボールのW杯中国大会(31日開幕)に出場する4カ国が参加してギリシャで開催されていたアクロポリス・トーナメントで18日、世界ランク17位のトルコが13位のイタリアを72―70(前半38―35)で撃破。第3Q終了時点で13点を追う展開だったが、第4Qを24―9として逆転した。NBAキャバリアーズに所属するセディー・オズマン(24)が20得点。トルコはW杯1次リーグの初戦(9月1日)で世界ランク48位の日本と対戦するが、8月に入っての強化試合はここまで5勝2敗という好成績を残しており、5日にフランス南西部のポーで行われた世界ランク3位のフランス戦では74―69で勝っている。

 アクロポリス・トーナメントのホスト国となった世界ランク8位のギリシャは、延長の末に同4位のセルビアに80―85(前半38―31、延長8―13)で競り負けたが、NBA昨季のシーズンMVPとなったヤニス・アデトクンボ(24=バックス)は20得点をマーク。ギリシャは第4Qの残り44秒で8点差のビハインドだったが、残り12・5秒、アデトクンボの実兄、タナシス・アデトクンボ(27=バックス)の3点シュートで同点にするなど、W杯優勝候補の一角に挙げられているセルビアに最後まで食い下がった。

 セルビアではNBAキングスのボグダン・ボグダノビッチ(27)28得点をマークして勝利に貢献した。

 ドイツ・ハンブルクで開催されていたスーパーカップ(参加4カ国)では、W杯1次予選の2戦目(9月3日)で日本と対戦する世界ランク24位のチェコが同36位のハンガリーに103―83(前半47―46)で快勝。3点シュートを28本中17本成功させ(成功率61%)、後半で56―37と圧倒して勝利を収めた。

 スーパーカップでは地元ドイツが3戦全勝で1位、チェコは2位で全日程を終え、8月の強化試合では5勝2敗となった。世界ランク22位のドイツはポーランド(世界ランク25位)に92―84(前半36―44)で勝利。NBAサンダーのポイントガード、デニス・シュルーダー(25)が33得点、セルティクスのパワーフォワード、ダニエル・タイス(27)が17得点をマークしている。なおドイツ代表は24日、さいたまスーパーアリーナでの強化試合で日本代表と顔を合わせる。
 
 <トルコの強化試合成績=5勝2敗>

 ▼5日=〇74―69フランス(3)
 ▼6日=〇64―54チュニジア(51)
 ▼12日=〇94―59セネガル(37)
 ▼13日=〇106―72ヨルダン(49)
 ▼16日=●72―87セルビア(4)
 ▼17日=●70―84ギリシャ(8)
 ▼18日=〇72―70イタリア(13)

 <チェコの強化試合成績=5勝1敗>

 ▼9日=〇80―66チュニジア(51)
 ▼10日=〇81―76ポーランド(25)
 ▼11日=〇98―67ヨルダン(49)
 ▼16日=〇96―86ポーランド(25)
 ▼17日=●68―87ドイツ(22)
 ▼18日=〇103―83ハンガリー(36)

 *カッコ内の数字は世界ランク

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月19日のニュース