畑岡奈紗、山口すず夏 米女子ツアー初のチーム戦に出場

[ 2019年7月17日 17:28 ]

  米女子ゴルフツアーの第20戦、ダウ・グレート・レイクス・ベイ・インビテーショナルが17日~20日(米国時間)、ミシガン州のミッドランドCCで行われる。日本勢は畑岡奈紗(20=森ビル)、山口すず夏(18=環境ステーション)が出場する。

 今季新設された米女子ツアー初のチーム戦はメジャー・エビアン選手権とAIG全英女子オープンの前哨戦となる。1週間のオフを経て参戦する畑岡は、山口とのタッグでの戦いに「とりあえず予選を通過して、楽しんでプレーしたい」と抱負を語った。

 第1日、第3日は1つのボールをペアが交互に打ち合うフォアサムとなるが「自分のショットに集中していつも通りできたら」と山口と練習も行った。偶数ホールのティーショットを担当する予定で、コースについては「古い印象で木が高く、曲げると大変。グリーンも速さとタッチを合わせるのが難しそう」と話した。

 山口は初体験となるチーム戦について「楽しみですね。心強い先輩がいるので、いろいろ考えながら楽しんで、優勝目指して頑張りたい」と意気込んだ。大会の模様はWOWOWが中継する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月17日のニュース