金沢 今季2度目首位、前回崩れ14位「リベンジしたい」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ほけんの窓口レディース第1日 ( 2019年5月17日    福岡県 福岡カンツリー倶楽部和白コース=6292ヤード、パー72 )

ほけんの窓口レディース第1日 1番でティーショットを放つ金沢。6アンダーで首位
Photo By 共同

 プロ3年目の金沢が今季2度目の首位に立った。「パッティングが良かった。長いのはタッチが合い、短いパットはしっかり入ってくれた」。インから出て17番からアウト3番まで5連続を含む7バーディーを奪取。4月のヤマハ・レディース葛城では2日目に首位に立ったが最終日に78と崩れて14位に終わった。「悔しい思いをしたので、また最終日最終組で戦ってリベンジしたい」と今度は雪辱を果たすつもりだ。

 ▼4位藤本麻子 腰痛がひどかったので負担の大きい1Wは控え、ほぼ3Wで代用した。(4バーディー、ボギーなし)

 ▼84位鈴木愛 バーディーパットが全く入らなかった。明日はパターを替えてみるつもり。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月18日のニュース