スポーツクライミング野中 W杯4位に「まずまず」

[ 2019年5月7日 05:30 ]

左肩負傷からの復帰戦で4位に入った野中
Photo By スポニチ

 20年東京五輪で実施されるスポーツクライミングの野中生萌(みほう、21=XFLAG)らがW杯ボルダリング第4戦(中国・呉江)から羽田空港に帰国した。

 3月に左肩を負傷。W杯3試合を欠場し、復帰戦となった今大会で4位となり、「どこまでいけるか分からなかったけど、4位になれてまずまず」と手応えを口にした。患部にはまだ痛みがあるが、25、26日には五輪種目となる複合のジャパンカップ(愛媛)に臨む。決勝進出で世界選手権(8月、八王子)の代表に決まるため、「出場権を獲得したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月7日のニュース