「球が見えない」水谷隼 「真実を語っても言い訳と…」アスリートの苦悩吐露

[ 2019年3月26日 11:26 ]

卓球の水谷隼選手
Photo By スポニチ

 「球が見えない」ことを公表した卓球TリーグのシーズンMVP、木下マイスター東京・水谷隼(29=木下グループ)が25日に自身のツイッターを更新し、現在の心境を告白した。

 25日に卓球専門メディア「Rallys」に「実は、この1年、球が見えないんです」と深刻な目の症状を明かしていた水谷。同日夜に自身のツイッターを更新し、「アスリートの何が1番辛いかって負けた後は真実を語っても言い訳と捉えられてしまうこと」と苦悩を打ち明けた。

 続けて「結局それが嫌で事実とは違う意思の無い文章を言うだけになる…6年前に全日本で負けてレーシックしたけど誰にも言えずにここまできたのもそういうことだよね」とつづり、言い訳と思われることを嫌い、本質を伝えられない実情を嘆いていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月26日のニュース