男子バスケ代表 8・22強化試合VSアルゼンチン

[ 2019年3月22日 05:30 ]

 3大会ぶりのW杯(8月31日~9月15日、中国)出場を決めた男子バスケットボール日本代表が、8月22日にさいたまスーパーアリーナでアルゼンチン代表と強化試合を行う。アルゼンチン連盟が発表した。国際バスケットボール連盟(FIBA)ランクは日本の48位に対して5位。五輪、W杯の前身である世界選手権の優勝経験もある強豪だ。

 世界トップ10以上の国との対戦を望む日本と、W杯で同組となった韓国対策の必要のあるアルゼンチンの思惑が合致。日本を率いるラマス監督にとっては過去に指揮を執った母国との対戦となる。日本はW杯1次リーグでトルコ、チェコ、米国と同組となった。格上との強化試合は本番前の絶好の腕試しとなる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年3月22日のニュース