貴景勝、痛恨4敗 大関獲り重圧なのか…昨年秋以来の連敗

[ 2019年3月22日 05:30 ]

大相撲春場所12日目   ●貴景勝―豪栄道○ ( 2019年3月21日    エディオンアリーナ大阪 )

豪栄道(左)にはたき込みで敗れ4敗目を喫した貴景勝(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 大関獲りの関脇・貴景勝に暗雲が垂れ込めた。大関・豪栄道にはたき込まれ、昨年秋場所5日目以来の連敗を喫し、痛恨の4敗目。昇進の目安とされる10勝以上まで残り3日間で2勝となり、厳しい状況に追い込まれた。3場所ぶりの優勝を狙う横綱・白鵬は大関・栃ノ心を寄り切り全勝をキープした。

 踏ん張りどころの大関戦。互角の立ち合いを見せた貴景勝だったが、豪栄道に内から腕を入れられ押し込まれた。体を密着する相手の狙い澄ましたはたき込みを食らい久々の連敗。4敗目を喫して、再び大関獲りは追い込まれたが「試練じゃない。試練と思うから試練。幸せなことです」と前向きに受け止めた。

 初場所千秋楽も敗れた相手。前戦では立ち合いで踏み込んだ瞬間に右足裏が悲鳴を上げ、力が伝わらずに完敗した。同時に大関昇進も見送られ、「頭が真っ白だった。5分ぐらい何も考えられなかった。何もできなかったから、大関に上がる資質がなかったんだと思った」と悔しがった。だが、雪辱を期した勝負に屈したこの日も「ここからが勝負」と気持ちにブレはない。

 大関昇進の目安は10勝以上。内容も問われる中、阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は「ちょっと硬い感じがした。初めて押された感じ。立ち負けてちょっと泳いだ感じ」と“硬さ”を指摘した。ただ、そんな中でも「今から自分の相撲で。どんな時でも崩れない自分の相撲で来たのだから」と力を認め、再浮上を期待した。

 13日目は大関・高安戦。通算2勝6敗で、直近3連敗中の相手だ。残り3日で最低ノルマは2勝。苦手な相手に若武者の精神力が試される。「明日、頑張ります。明日に向かってやるとしか言えない。明日どうなるか考えたい」。重圧をはね返せるか――。初優勝を狙う高安との大勝負へ「しっかり準備したい」と視線を上げた。

 ▼八角理事長(元横綱・北勝海) そうは甘くないわけだから。上位が(貴景勝の相撲に)慣れてきたといえば慣れてきている。その中で勝っていかないといけない。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月22日のニュース