貴景勝、大関獲りへ高安と充実三番稽古 ほぼ互角「悪くない」

[ 2019年3月5日 05:30 ]

激しい攻防を見せる貴景勝(右)と高安
Photo By スポニチ

 大相撲の二所ノ関一門恒例の連合稽古が大阪府大東市の湊部屋で始まり、春場所で大関獲りが懸かる関脇・貴景勝(22=千賀ノ浦部屋)は大関・高安と三番稽古を行った。12番取って、ほぼ互角の内容。激しい立ち合いからの突き押しで、一気に持っていく力強い相撲もあった。それでも「本場所と稽古は違う。悪くない、で、終わっておくのが必要」と満足しない。まわしを取られると簡単に寄り切られる場面もあり「組まれたら相撲は取れない」と課題も口にした。

 師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は「いい稽古をしていた。よく体が動いていたと思う」と評価。阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)も「力は増している」とうなずいた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月5日のニュース