大迫、9月MGCで雪辱誓う 3日東京マラソンで初の途中棄権

[ 2019年3月5日 05:30 ]

29キロ付近で歩き始める大迫傑(右)
Photo By 共同

 3日に行われた東京マラソンで初の途中棄権に終わった日本記録保持者の大迫傑(27=ナイキ)が4日、自身のツイッターを更新。「言い訳はありません、強くなって9月帰ってきます!」と東京五輪代表選考大会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)での雪辱を誓った。

 大迫は東京マラソンで日本記録を上回るペースで先頭争いしたものの、雨と低温に体力を奪われ失速。29キロ付近で棄権した。4日に都内で予定されていたイベントは欠席。今後も都内でイベントが予定されており、言動にも注目が集まる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月5日のニュース