陸上セイコー・ゴールデンGP大阪 男子100に桐生、山県ら

[ 2019年3月5日 05:30 ]

 日本陸連はセイコー・ゴールデングランプリ大阪(5月19日、ヤンマースタジアム長居)の男子100メートルに出場する日本の5選手を発表し、9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀(日本生命)や自己ベスト10秒00の山県亮太(セイコー)が名を連ねた。

 昨年のジャカルタ・アジア大会男子200メートルを制した小池祐貴(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、今春から住友電工に加入する多田修平(関学大)もエントリーした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月5日のニュース