白井、渡米前から左足首悪かった W杯東京大会向けプラス思考

[ 2019年3月5日 05:30 ]

米国から帰国した白井健三
Photo By スポニチ

 体操の個人総合W杯のアメリカン・カップを左足首のケガで欠場した男子の白井健三(日体大)が、米国から成田空港に帰国した。

 左足首は渡米前から状態が良くなかったそうで「足を止めることを意識しているうちに、少し良くない着地が増えていた」ダメージの蓄積が理由と分析。直前まで出場するか迷ったが、W杯東京大会(4月7日)を控えて「東京につなげる意味でも試合を見て勉強する方がプラスになる」と説明した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月5日のニュース