ゴンザガ大が破竹の17連勝!八村は23得点 APランク1位に再浮上か?

[ 2019年2月22日 13:33 ]

ペパーダイン大戦で23得点を挙げたゴンザガ大の八村(AP=資料)
Photo By AP

 全米大学男子バスケットボールのAP通信とコーチ協会の両ランキングで2位となっているゴンザガ大は21日、地元スポケーン(ワシントン州)でペパーダイン大(カリフォルニア州)と対戦。92―64(前半53―33)で勝利を収めて17連勝、所属のウエストコースト・カンファレンス(WCC)内の試合では通算27連勝(全米大学記録)を飾った。

 八村塁(3年)は33分出場してフィールドゴール(FG)を13本中10本、フリースロー(FT)は2本とも成功。前半終了間際に唯一放った3点シュート1本もきっちりと決めた。

 結局、八村は23得点と7リバウンド、3アシスト、2ブロックショットを記録。ただし前半で21得点を稼ぎながら、相手のマークがきつくなった後半は2得点に終わった。

 八村が20得点以上をマークしたのは今季17試合目。平均では20・4得点、6・5リバウンドとなった。シュートの成功率はFGが60・7%、3点シュートが44・4%、FTが75・6%。ゴンザガ大は26勝2敗(WCC内は12戦全勝)となり、レギュラーシーズンは残り3試合となった。

 ペパーダイン大はこのカードでは2002年シーズン以来、通算36連敗となって今季は12勝16敗。WCC内では5勝9敗となった。

 なおAP通信とコーチ協会のランキングでは前週にテネシー大に代わってデューク大が1位に返り咲いていたが、20日にノース・カロライナ大(AP8位、コーチ協会9位)に72―88で敗れて23勝3敗。ゴンザガ大は今季序盤で2週間だけ1位となっているが、25日に発表される最新ランキング(第17週)の動向が注目されている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月22日のニュース