Sクライミング野中、4月のW杯照準 五輪出場権へ調整

[ 2019年2月22日 05:30 ]

「スニーカーベストドレッサー賞2019授賞式」に出席したスポーツクライミングの野中
Photo By スポニチ

 20年東京五輪で初めて実施されるスポーツクライミングのメダル候補、野中生萌(みほう、21=XFLAG)が21日、都内で「スニーカーベストドレッサー賞2019授賞式」に出席した。

 昨年はボルダリングのW杯全7戦に出場して年間女王に輝いたが、今年は4月の第1戦(スイス)、第2戦(ロシア)の2試合に照準。「今年は(W杯の)年間優勝が目標じゃない」とし、東京五輪の出場権が懸かる8月の世界選手権(八王子)に向け、「負担をかけないように調整したい」と意図を説明した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月22日のニュース