暁斗ら練習で全てK点越え ノルディックスキー世界選手権開幕

[ 2019年2月21日 05:30 ]

 2年に1度開催されるノルディックスキーの世界選手権は20日、開幕した。3月3日までジャンプ、複合、距離の世界一を争う。日本勢は競技が本格的に始まる21日から登場する予定。

 20日はインスブルックで複合個人ラージヒルの飛躍練習が行われ、平昌五輪銀メダリストの渡部暁斗らが調整。3回の飛躍練習は全て3位以内で、いずれもK点(120メートル)を越えた。「抜群にいいわけではないけど、悪くはない」と話した。距離については集団での争いを予想し「ジャンプでいい位置につけたい」と戦略を描いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月21日のニュース