紀平 左手薬指を器具で固定、新調したスケート靴の感触確かめる

[ 2019年2月21日 22:23 ]

調整する紀平梨花
Photo By 共同

 フィギュアスケート女子でチャレンジ・カップに出場する16歳の紀平梨花(関大KFSC)が21日、開催地オランダのハーグ郊外のアイスリンクなどで調整した。今月5日に亜脱臼した左手薬指をプラスチック製の器具で固定し、新調したばかりのスケート靴の感触を確かめるようにジャンプを繰り返した。

 シニアデビューした今季、主要大会のグランプリ(GP)ファイナルや四大陸選手権で初出場優勝し、国際大会で5戦全勝の紀平にとっては初代表の世界選手権(3月20〜23日・さいたまスーパーアリーナ)に向けた前哨戦。23日のショートプログラム(SP)、24日のフリー両方の音楽に合わせ、演目の流れもチェックした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月21日のニュース