【辻野隆三の目】大坂、初戦敗退も…相手は元世界10位 悲観する必要はない

[ 2019年2月21日 09:30 ]

女子テニス・ドバイ選手権 ( 2019年2月19日    ドバイ )

シングルス2回戦でポイントを奪われ、しゃがみ込む大坂なおみ。ストレート負けを喫した(共同)
Photo By 共同

 大坂はパニックというか、やるべきことがグラついている印象を受けた。バイン・コーチと契約解消したことで、練習から自分で多くのことを考えていると思うが、経験豊富な選手ではないだけに、やっていることが正しいか不安になる部分もあると思う。それが、ストロークやサーブのミスに表れていた。

 ムラデノビッチは世界ランク元トップ10の力のある選手。オールラウンダーで穴がない。4大大会連覇により大坂は、今まで以上に研究されていた。サーブに厳しいリターンを返されればミスが増える傾向があり、そこを突かれた感がある。

 コーチと離れて最初の試合なので衝撃的な敗戦と捉えられているが、負ける可能性は十分にある相手で悲観する必要はない。全豪と全仏は4カ月近く空くため、コーチを代えるには悪くないタイミング。早くコーチを付ければ、立て直す期間はある。今は2人コーチをつける選手も珍しくないし、1人にこだわる必要はない。やっぱりバイン・コーチがいいというなら戻ってもいいと思う。柔軟な対応を期待したい。 (元デ杯日本代表)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月21日のニュース