マーメイド 新チーム・フリーのテーマは日本の祭り 井村ヘッド「絶対にうける」

[ 2019年2月21日 18:19 ]

<アーティスティックスイミング公開練習>フォトセッションでポーズを決める(前列左から)京極、丸茂、小俣(中列左から)柳沢、乾、吉田、木島(後列左から)熊谷、塚本、安部、足立、福村、安永(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 世界選手権(7月、光州)に出場するアーティスティックスイミング日本代表が21日、都内で練習を公開し、20年東京五輪を見据えた新たなチーム・フリールーティンのテーマが「IYO!!〜祝おう!〜(東京は今日もお祭り騒ぎ)」となることを発表した。

 曲は江戸時代の火消しのイメージで始まり、ねぶた祭り(青森)や天神祭ギャルみこし(大阪)など日本中から集めた祭りのかけ声も入る構成。最後は関東一本締めの「よぉー、ポン」で締めくくられ、リフトも神輿がモチーフになる見通しだ。井村雅代ヘッドコーチ(68)は「東京で祭り騒ぎをする曲。絶対にうける。東京五輪の会場が沸くイメージはある」と強調した。4月のジャパンオープン(27〜29日、東京辰巳国際水泳場)でお披露目される予定だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月21日のニュース