大坂、粘れず試合中はイライラ隠せず 精神面のもろさ再び露呈

[ 2019年2月21日 05:30 ]

女子テニス・ドバイ選手権 ( 2019年2月19日    ドバイ )

シングルス2回戦でポイントを奪われ、天を仰ぐ大坂なおみ。ストレート負けを喫した(共同)
Photo By 共同

 大坂には、全く粘りがなかった。昨年は第1セットを落とした試合は2勝20敗。大きく黒星が先行していたが、バイン前コーチの下で1年を過ごして精神的に成長した今季はこの試合まで3勝1敗で、全豪の3、4回戦は1セットダウンから逆転勝ちした。

 全豪優勝後の精神年齢は自称5歳で、開幕前の3歳から成長。「毎日1歳ずつ成長している」と強調していたが、この日は試合中にイライラするしぐさを見せるなど精神的な弱さを露呈した。“逆転の大坂”の面影はなかった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月21日のニュース