2020年東京五輪ピクトグラム、1964年モチーフに制作

[ 2019年2月21日 05:30 ]

 2020年東京五輪・パラリンピックで使用される各競技を絵文字で表す「ピクトグラム」が、1964年東京五輪のデザインをモチーフに制作されることが20日、関係者への取材で分かった。

 ピクトグラムは前回の東京五輪で初めて全面的に導入され、世界の誰もが一目で分かる「共通言語」として広く継承されてきた経緯があり、当時のレガシー(遺産)を活用する取り組みとなる。大会組織委員会は五輪開幕500日前となる3月12日に合わせデザインを発表する方向で調整している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月21日のニュース