NBA球宴のリザーブ選手14人が決定 初選出はヨキッチ、シモンズら4人

[ 2019年2月1日 11:38 ]

球宴リザーブ選手に選出されたナゲッツのヨキッチ(AP)
Photo By AP

 NBAオールスターゲーム(2月17日=シャーロット)に出場するリザーブ選手計14人が1月31日に決定。監督投票によって東西両地区から7人ずつ選出されたもので、今季20・1得点、10・4リバウンドをマークしているナゲッツのセンター、ニコラ・ヨキッチ(23)のほか、昨季に新人王に輝いた76ersの大型万能ガード、ベン・シモンズ(22)、バックスのフォワード、クリス・ミドルトン(27)、さらにマジックのセンター、ニコラ・ブーチェビッチ(28)が初めて名を連ねた。

 また今季の得点部門で2位(29・3)にランクされながら、ペリカンズに対してトレードによる放出を志願していると伝えられているアンソニー・デービス(25)も西地区からリザーブで選出。これで6年連続の球宴出場となったが、本番でペリカンズのロゴが入ったユニフォームを着用するかどうかは微妙な情勢となっている。

 今季18・8得点を記録しているペイサーズのガード、ビクター・オラディーポ(26)も東地区から選出されたが、同選手は1月23日のラプターズ戦で膝に重傷を負って今季の出場は絶望。したがってアダム・シルバー・コミッショナーが代替え選手を1人指名することになるが、今季限りでの引退を表明しているヒートのドウェイン・ウェイド(37)を選ぶのかどうかが注目されている。

 ファン、メディア、選手間投票による先発選手と監督投票によるリザーブ選手は以下の通り。チーム編成は東西両地区で最多得票選手となったバックスのヤニス・アデトクンボ(24)とレイカーズのレブロン・ジェームズ(34)が7日にドラフト形式で先発とリザーブ選手をピックアップしていく。

 <東地区選出>

 ▼先発選手=☆ヤニス・アデトクンボ(24=バックス)、カワイ・レナード(27=ラプターズ)、ジョエル・エンビード(24=76ers)、カイリー・アービング(26=セルティクス)、ケンバ・ウォーカー(28=ホーネッツ)

 ▼リザーブ選手=ブラドリー・ビール(25=ウィザーズ)、ブレイク・グリフィン(29=ピストンズ)、カイル・ラウリー(32=ラプターズ)、*クリス・ミドルトン(27=バックス)、*ニコラ・ブーチェビッチ(28=マジック)、*ベン・シモンズ(22=76ers)、ビクター・オラディーポ(26=ペイサーズ)

 <西地区選出>

 ▼先発選手=☆レブロン・ジェームズ(34=レイカーズ)、ケビン・デュラント(30=ウォリアーズ)、ポール・ジョージ(28=サンダー)、ステフィン・カリー(30=ウォリアーズ)、ジェームズ・ハーデン(29=ロケッツ)

 ▼リザーブ選手=ラマーカス・オルドリッジ(33=スパーズ)、アンソニー・デービス(25=ペリカンズ)、*ニコラ・ヨキッチ(23=ナゲッツ)、ダミアン・リラード(28=トレイルブレイザーズ)、クレイ・トンプソン(28=ウォリアーズ)、カールアンソニー・タウンズ(23=ティンバーウルブス)、ラッセル・ウエストブルック(30=サンダー)

 *は初選出、☆は主将

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月1日のニュース