貴ノ岩 関取自己最速勝ち越し 付け人貴公俊は不戦勝

[ 2018年7月16日 19:33 ]

大相撲名古屋場所9日目 ( 2018年7月16日    愛知・ドルフィンズアリーナ )

大相撲名古屋場所9日目、貴ノ岩は下手出し投げで剣翔(右)を下す(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 十両の貴ノ岩が剣翔を下手出し投げで破り8連勝で勝ち越しを決めた。9日目での勝ち越しは15年春場所、17年初場所(いずれも幕内)に並ぶ関取自己最速タイ。「場所前の稽古が良かった。ちょっとずつ(調子が)良くなっている」と手応え。

 一方、付け人の幕下・貴公俊は千代の勝の休場により不戦勝で5勝目。「ちゃんと勝負して(白星を)積み重ねたかったので、まったくうれしくないですね。あと二番全部攻めていきたいです」と幕下Vに向け表情を引き締めた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年7月16日のニュース