パラスポーツ専用体育館 臨海副都心に完成 メダル獲得後押し

[ 2018年6月2日 05:30 ]

パラスポーツ専用の体育館「日本財団パラアリーナ」が完成し、練習する選手たち
Photo By 共同

 2020年東京パラリンピックに向けたパラスポーツ専用の体育館「日本財団パラアリーナ」が東京都品川区の臨海副都心地区に完成した。

 1日はオープニングセレモニーが行われ、車いすラグビー日本代表の島川慎一(43)が「メダル獲得に向けて進んでいきたい」と語った。車いす競技などは床を傷つけることから練習場所の確保に苦慮していたという。島川は「全てのパラスポーツの普及と発展の場になることを願っている」と期待を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年6月2日のニュース